スポンサーサイト

  • 2017.07.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ぴよぴよぴぴぴ

    • 2014.02.01 Saturday
    • 20:41


    ひよこがぴょん

    http://www.youtube.com/watch?v=gQvTuKAKu54

    ツイッターでやったRTされた数だけのひよこ云々のあれ



    絶賛風邪っぴき島原です

    お守りとかお茶とかチョコとかいろいろもらっちゃってありがとうございますヽ(*´∀`)ノ

    というか特に書く事がないのですけど

     
    続きを読む >>

    無幻真天楼第二部・第五回・四【ゆき Α

    • 2014.01.14 Tuesday
    • 22:10
    「寒いッ!!それになんだあの風は!!」
    外のゴウゴウという音にも負けない声で茶の間に入ってきたのは
    「鳥類…;」
    迦楼羅が襖を閉めると服についていた雪がはらりと床に落ちた
    「迦楼羅…どうしたんだっちゃ?乾闥婆は…」
    緊那羅が迦楼羅の方へ向きを変え聞く
    「騒がしいと思ったらやっぱり君だったの」
    迦楼羅が襖を閉めてからものの数分と経たないうちに再び襖が開いて矜羯羅が顔を出した
    「あれ?珍しいね…乾闥婆がいないなんて」
    矜羯羅が襖を閉める
    「…ってよ矜羯羅」
    今度は矜羯羅が襖を閉めてからものの数秒で再び襖が開いて制多迦が顔を出した
    「いっぺんで済ませろいっぺんで!;」
    同じことが数回繰り返され京助が怒鳴る
    「何怒鳴ってるのー?」
    またも襖が開いて今度は悠助を先頭に慧喜、烏倶婆迦、慧光がぞろぞろと茶の間に入ってきた
    「ねーねー京助、何怒鳴ってたの?」
    「もー…いい…;」
    悠助が京助の背中に寄りかかりながら聞くと京助が溜息を吐く
    「兄様ずるいッ!!」
    「だぁッ!!;」
    間髪入れず慧喜が悠助を京助の背中から引っぺがした勢いで京助が前のめりに倒れた
    「何をしておるのだ、何を」
    部屋の温度で雪が溶け水に変わり迦楼羅の髪から滴り落ちる
    「私タオル…」
    タオルを撮りに行こうと緊那羅が立ち上がったその時
    「全く…さっさと先に行くんですから」
    再度襖が開いて今度は乾闥婆が部屋に入ってくるなり迦楼羅の頭をタオルで手荒く拭きだした
    「いだだだだだ;もう少し優しくせんかたわけッ!!;」
    「だったら自分で拭いてください」
    文句を言った迦楼羅の頭から乾闥婆が手を離した
    「…けん…だっぱ…」
    「なんです?」
    烏倶婆迦が乾闥婆の名前を呼ぶ
    「乾闥婆…」
    京助も続いて読んだ
    「だからなんですか」
    少し怪訝そうな顔をした乾闥婆
    「いや…なんか、まだなれないなーって…な」
    京助がぼそっと言うと一同が乾闥婆を見た

    乾闥婆は【元】に戻った
    【元】の沙紗に

    「…そうですか…」
    乾闥婆が俯くと迦楼羅がコホンと咳をした
    「竜はどこだ?」
    唐突に話を切り出す迦楼羅
    「父さんならさっき和室にいたけど今は知らん」
    「僕たち和室通ってきたけどいなかったよ?ねー慧喜」
    悠助が慧喜に聞くと慧喜も頷く
    「一体竜に何の話なのさ」
    窓枠に背をつけた矜羯羅が聞いた
    「沙羅が…」
    迦楼羅が口を開いた

    ねんまつ

    • 2013.12.31 Tuesday
    • 15:18


    なんかあっという間に今日が年末で今年最後の日だということで

    朝からずっと台所に立ってあれやこれやをして微妙に腰が痛かったりします

    今日は紅白にレボがでるということでテレビの前にいそうだとかねー


    よいおおとしをー

    無幻真天楼第二部・第五回・四【ゆき ァ

    • 2013.12.17 Tuesday
    • 09:17
    「ねぇ京助ー」
    「あー?」
    「クリスマスまでに吹雪止むかなぁ」
    悠助が真っ白で何も見えない窓から京助に体を向けた
    「さぁなぁ…まぁ止むんじゃねぇの?」
    ガタガタという窓に京助も近づく
    いつもなら見えるはずの景色は吹雪に飲まれて何も見えない
    「サンタさん…来れなくなっちゃう」
    しゅんとした悠助その向こうにはクリスマスツリー
    「大丈夫だ悠」
    京助が悠助の頭に手を置いた
    「クリスマスツリーあるだろ?」
    「うん」
    「光るだろ」
    「うん」
    「それ目印にしてくるから大丈夫だ…って誰かが言ってたぞ」
    悠助の頭をグリグリ撫でながら京助が言う
    「誰かって?」
    「誰かだ」
    悠助が聞くと京助が答えた
    「そっか…誰かが言ってたなら大丈夫なんだねっ」
    それで納得したのか悠助が笑顔を向ける
    「悠助ー」
    慧喜の声がした
    「慧喜ー」
    慧喜の名前を呼びながら悠助が声のした方にかけていく
    「…誰かって誰だっちゃ?」
    「お前もかよ;」
    悠助と同じ質問をやや後ろにいた緊那羅も聞いてきた
    「誰かっていうのは誰かだっちゅーん;」
    「…操…?」
    緊那羅の一言、京助が止まった
    ストーブにかけられたヤカンがシュンシュンと音を立て
    かけられた時計が時を刻む音が聞こえる
    ガタガタと揺れる窓
    続く沈黙
    「…わからん」
    「そ…っか」
    口を開いた京助に緊那羅も返した
    そしてまた沈黙
    早く誰かきてこの沈黙を壊してくれないかと思う時ほど誰も来ないのはお約束で
    ややしばらくの時が流れた
    カタカタいい始めたヤカンの蓋
    それを少しずらそうと緊那羅が動いた
    緊那羅が蓋をずらすと音が止む
    いつもいらないところで誰かやってくるくせに今日、今は誰も来ない
    「あ…の京助」
    呼ばれて京助が顔を上げると正座をした緊那羅がまっすぐ京助をみていた
    「あの…」
    少しだけ緊那羅が俯く
    「あのわた…
    スパーン!!!
    緊那羅が何か言いかけたその時勢いよく襖があいた
     

    無幻真天楼第二部・第五回・四【ゆき ぁ

    • 2013.12.02 Monday
    • 14:56
    竜が狭いといった茶の間には数日後に迫ったクリスマスというイベントを待っているクリスマスツリーと
    「…焦げるぞ?;」
    まるでストーブを抱えるかのようにしている緊那羅
    「へへへ;」
    その緊那羅の隣にはコマとイヌがうずくまっていた
    それを見た京助の背中にいた阿分もヒョイと飛び降りコマとイヌのふわもこした毛の中に体をうずめていく
    「…なんだよ;」
    京助の方をじっと見ていた緊那羅に京助が聞いた
    「えっ;いや…あの…なんか京助がこの時間にいるのって変っていうか…慣れないって思っただけだっちゃ」
    「変っておま…失礼な…それにもうすぐ冬休みだから終わるまでこの時間だろうがなんだろうが家にいるぞ」
    「冬休み?」
    京助が緊那羅の近くに腰を下ろす
    「冬休みって…夏休みと同じだっちゃ?」
    「まぁな」
    「じ…じゃあ京助ずっと家にいるんだっちゃ?」
    「…まぁ…ってか…んな喜ぶなよ恥ずかしい;」
    いつの間にかストーブより京助の方に近くなっていた緊那羅に京助が言った
    「京様がずっと家にいらっしゃると聞いてーーーーーーーェ!!!!」
    勢いよく襖があいた先にはこの時期に咲いているわけのないヒマワリことヒマ子
    「冬休みという期間中に京様との親密度をアップさせて奪い返して見せますわ!!緊那羅様お覚悟を!!」
    「いいから早く戸を閉めろ;寒いわ」
    緊那羅に向い宣戦布告をしているヒマ子に京助言う
    「邪魔だよ」
    「こ…」
    ヒマ子の背後に現れた矜羯羅がヒマ子のわきを通って茶の間に入った
    「矜羯羅さんどうしたのその格好…」
    前髪から滴る水滴、まつ毛についた雪、赤くなった頬
    「…んがら待ってー;」
    矜羯羅から少し遅れて制多迦も茶の間に入ってきた
    制多迦も同じく髪からは水滴が垂れている
    「わ…私タオル持ってくるっちゃ;」
    緊那羅が立ち上がって廊下に出ていった
    「お前らまさか…この吹雪ん中外にいたんか?;」
    「…ルミママが雪かき手伝ってっていったから」
    制多迦がヘラッっと笑うと鼻水が垂れてきた
    「で、その母さんは?」
    「向こうの小さな小屋みたいなとこに入っていったけど」
    矜羯羅が手袋を脱ぎながら言う
    「まぁまぁお疲れ様でしたお二人様」
    ヒマ子が言うと緊那羅がタオルを持って戻ってきた
    「宝珠とか使えは早かったんじゃねぇの?」
    「そうかもね…でも使いたくなかったんだよ」
    「なんで」
    「使いたくなかったから」
    緊那羅からタオルを受け取った矜羯羅が答える
    「何かあったかい飲み物いれるっちゃね」
    再び緊那羅が茶の間から出ていった
    「緊那羅いい嫁になるアルね京助」
    分が言う
    「寝てろ;」
    京助が分の頭を押した








     

    もしもまようときは

    • 2013.11.30 Saturday
    • 21:53

    たちどまってきもちひろいにいこう

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm9840591

    生きてます
    ええ生きてますよ島原です

    雪がついにふって寒いです
    ええ寒いです

    いろいろあってなんか体がえらいことになってますけど大丈夫らしいんで大丈夫なんだろうヽ(・∀・)ノ

    で!!!

    すんげぇ頂き物をもらってしまったんで続きに格納ヽ(*´∀`)ノ


    あ、コスプレ苦手な方はご遠慮ください



     
    続きを読む >>

    あすふぁるとけりあげたら

    • 2013.11.23 Saturday
    • 20:22

    とらんぷできめて


    http://www.youtube.com/watch?v=rRPeHFCydqc


    どうも一週間前に退院してきていました島原です
    入院中に誕生日なるイベントを迎えました

    これで正月、クリスマス、誕生日というイベントを一通り病院で迎えたことになります

    今後は今回の手術のあれこれをみて決めるようで

    またしばしの軟禁生活イエァになるわけです

    10日間絵を書いていなかっただけでここまで書けなくなるんだナァコンチクショウ

    退院一週間たったんでそろそろあれこれそれを始めたいなぁと思っています

    またバレンタインw企画とかやりたいナァヽ(・∀・)ノ

    ただチョコ押し付けるだけなんですけどねー!!!

    ちょっくら

    • 2013.11.04 Monday
    • 21:28





    腹掻っ捌いてきますヽ(・∀・)ノ

    またあう日までー


    あ、ツイッターにはいます

    たぶん

    ┌(┌  ´_ゝ` )┐=3

    • 2013.10.30 Wednesday
    • 22:35




    ようやく医大から連絡が来まして

    入院日が決まりました島原です

    アッこれ確実に誕生日は病院だwww

    そして家族全員が四連休とりました島原家

    なにwwwしてんwww

    そして本日ちょっとショッキングなことがあって妙なテンションです


    アアー(°▽°)

    夜が怖くて仕方ないwwww

    はるかたびじに

    • 2013.10.22 Tuesday
    • 22:11

    つきをうかべて


    http://www.youtube.com/watch?v=79yg2HUzKtg

    なんかあれですね!!な島原です

    あサイト更新しましたよ

    連日だよ

    http://inukaki.fool.jp/

    TOP絵とか相互サイト様とか  です


    年賀状の季節ですねー…

    今年もまた寒中見舞いとかになるんだろうと思いつつ

    お世話になった人には出したいなぁと思ってはいます

    おそらく手描きで

    絵はないかもしれないですけどwwww

    よこせとか交換しよーぜって方はなんか…うん

    メールでもよこせください(°▽°)

    DMとか携帯とかパソコンとかに

    もう一度言います

    寒中見舞いになるやもしれない です

    うん

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM